海外の政治家・ジョージ・ワシントンの言葉

上司と口論してはいけない。あなたの判断を穏やかに聞いてもらうように心がけよう。

自分より目上の人と口論するより、旨く口先で相手を操る方が簡単ですからね。口論なんて互いに自分が正しいと思い込んでいるから起きるわけで、いつまでたってもどちらかが折れるまで終わりませんね。

しかも後味が悪いことが多いです。まるで夫婦喧嘩のように。

下手な言い訳をするよりも言い訳しない方がましだ。

語れば語るほど自分の愚かさをさらけ出してしまうような状況なら、素直に謝った方がいいですね。

出来ないことを引き受けるな。約束を守ることには、細心であれ。

多くのサラリーマンなら分かってもらえると思いますが、会社から時間内には出来ないことを強要されるこ
ありますね。その約束を守るために細心のあまりサービス残業やサービス出勤をしてしまうこと。

最高入札者に抵抗する力をもつ者はほとんどいない。

お金の力は凄いですね。マーガレット・サッチャーの言葉に「心がやさしいだけだったら、誰一人として「善きサマリア人」のことなど覚えていなかったでしょう。彼にはお金もあったのだ。」とあります。お金の力は本当に凄いですね。

ジョージ・ワシントンその人について知りたい方は 「フリー百科事典 ウィキペディア」でどうぞ。

画像・ジョージ・ワシントン

ジョージ・ワシントンの言葉には「争わない」をテーマにした言葉が多く感じられました。その中から「おしゃる通り」と思えた言葉と「私にはそうは思えません」と感じた言葉の感想を書いてみました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

four × 3 =