話を聞くときは言いたいことを理解せよ、だが怒る人の話には言いたいことは無い。怒ることが目的だから。

小声でもじもじ話すより相手にはっきり聞こえる声で話しましょう。

話をするのに怒る必要はありません。まして声を荒げる必要などまったくありません。

演説でもないのに「声を大にして言います。」0点です。

自分の言いたいことを話すのに怒りの感情がむき出しになって話すのは、聞き手の理解するのに邪魔でしかなく、本当は怒る人の自己満足に過ぎません。

怒る人は自分が怒ることで満足することが目的で、相手のことを考えられない自己中心的な人です。

自分を基準に他人を捌くのはまだ良しとして、そのために声を荒げる人は人として失格です。

声を大にしていいのは選挙の演説ぐらいです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

seventeen + 19 =